大崎半島で植木の生産を中心に愛日園として創業

篠原緑苑は1952年に創業され、長崎県東彼杵郡川棚町にて造園業を営んでいます。
初代が高知県より現在のくじゃく園が出来る前より大崎半島に移り住み、荒れた地を人力で開墾し、植木の生産を始めたのがきっかけです。

植木の生産から個人宅の造園・剪定管理へ

創業当初は植木の生産がほとんどの売上を占めていましたが、時代の流れ、消費者のニーズに合わせる形で、二代目が中心を担う時に、個人宅の造園・剪定管理を仕事の中心に据え、社名を愛日園から篠原緑苑に変更しています。また、1999年より大崎半島のくじゃく園の花木等管理業務の委託を受けていまして、くじゃく園の景観を保つ一翼を担っています。

造園業で、お客様の多角化を

そして2007年より、植木の生産、個人宅の造園・剪定管理、くじゃく園の管理業務に力を注ぎながらも培ってきた造園業の技術の中で、
多種多様なお客様とお付き合いをいただいております。
 
緑のない無機質なお庭を、自然で温もりのある雰囲気へ一変させます。 ・新築の造園施工、外構、緑化工事 ・増改築に伴う土木工事
そのホテルにふさわしい景観作りのお手伝いをします。 ・緑化維持管理 ・リフォームのプランニング~施工・管理
空き地、空き家、休耕地の緑を適切に管理し、機能を維持します。 ・管理地の除草 ・空き家・借家の造園、リフォーム、管理
住みよい街作りのお手伝いをしています。 ・公共施設の緑化管理 ・公共管理地の伐採、除草
たまに珍しいご依頼があります。 ・緑化に関わるCMの美術担当(イベント・CM制作会社様)

 

対応地域は、東彼杵郡、佐世保、大村を中心に長崎県内全域にご対応しています。どうぞ、よろしくお願いします。